投稿者「trs-sec」のアーカイブ

電話リレーサービスに係るアンケートのご協力の願い

 公共インフラとしての電話リレーサービス実現に向けて、利用者ニーズの把握及び利用者以外の者における利用のしづらさを調査し、多くの人が利用しやすいサービスにするために、広く皆様の声をお聞きしたくアンケートを実施することになりました。調査結果は、当連盟の電話リレーサービス普及啓発推進事業の参考として使わせていただきます。
 つきましては、ご多忙中、大変恐縮ではございますが、電話リレーサービスに関する率直なご意見をお聞かせいただきたく、アンケートのご協力をお願い申し上げます。尚、11月末まで締め切らせていただきたいと思います。

続きはこちらへ

「総務省の電話リレーサービスに係るワーキンググループ」報告(案)に対するパブリックコメントについて

総務省は「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」報告(案)を作成し、これに対する意見募集(パブリックコメント)を行いました。

総務省ウェブサイト:
「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」報告(案)(PDF)
「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」報告(案)に対する意見募集

このパブリックコメントに対し、当連盟としての意見を下記のようにまとめて提出いたしました。

全日本ろうあ連盟の意見(PDF)

電話リレーサービス事業について菅官房長官と面談しました

6月7日(金)首相官邸にて菅官房長官と面談し、電話リレーサービス事業について現状を説明し、総務省の事業化について話し合いました。

続きはこちらへ

2018年度電話リレーサービス普及啓発推進事業の報告書を作成しました!

2018年度の電話リレーサービス普及啓発推進事業の活動等をまとめた報告書を作成しました。
参考資料として、電話リレーサービス制度化に向けた提言も作成いたしました。
ご参考下さい。引続き皆様のご協力をよろしくお願いいたします

続きはこちらへ

音声認識についての世界ろう連盟と国際難聴者連盟の共同声明

2019年4月29日にWFD、IFHOHが電話リレーサービスの音声認識システムについて提言されました。

続きはこちらへ

神奈川県で「電話リレーサービス事業の公的制度の創設を求める意見書」が採決

 2018年12月21日、神奈川県議会において、我が国で初めての「電話リレーサービス事業の公的制度の創設を求める意見書」が採決されました。今回採決された意見書は、国の各機関に提出され、私たち聞こえない人の社会参加に対する心強いエールとなります。神奈川県議会の皆様に心よりお礼申し上げます。

続きはこちらへ

総務省へ電話リレーサービスに関する要望書を提出

2018年11月30日、総務省へ「電話リレーサービスに関する要望書」を提出致しました。

続きはこちらへ

総務省へ電話リレーサービスの制度化に関わる要望書を提出

2018年10月25日、総務省へ「電話リレーサービスの制度化に関わる要望書」を提出致しました。

続きはこちらへ

厚生労働省、総務省、衆議院 古屋範子総務委員長、参議院 竹谷とし子総務委員長を表敬訪問

 2018年8月30日(木)、ナナオ・カチ氏、チェ・ワンシク氏、川森雅仁教授、日本財団と共に、厚生労働省、総務省、衆議院 古屋範子総務委員長、参議院 竹谷とし子総務委員長を表敬訪問し、全日本ろうあ連盟主催「電話リレーサービスの制度化を考えるシンポジウム」への支援に対しお礼を述べるとともに、カナダと韓国を中心とした電話リレーサービスを巡る世界情勢を紹介しながら、日本においても「電話リレーサービスの制度化」が一刻も早く成立できるよう訴えました。

厚生労働省を表敬訪問
厚生労働省を表敬訪問

続きはこちらへ

電話リレーサービスの制度化を考えるシンポジウム 開催しました!

 2018年8月29日、全日本ろうあ連盟は「電話リレーサービスの制度化を考えるシンポジウム」を全社協・灘尾ホールで開催し、全国から加盟団体や一般参加者170名以上が集まりました。
 世界では、電話リレーサービスを「公的サービス」として実施している国が25ヶ国あります。
 このシンポジウムでは、公的サービス実施国であるカナダ、韓国より講師をお招きし、各国の公的電話リレーサービスの現状についてご講演いただきました。

石野理事長 あいさつ
石野理事長 あいさつ
日本財団 笹川会長 ごあいさつ
日本財団 笹川会長 ごあいさつ

続きはこちらへ