2018年度 北信越ブロック第1回学習会(新潟県新潟市) 報告

日時:2018年9月1日(日)13:00~16:30/参加:44名

 新潟ふれ愛プラザ内にある聴覚障害者情報センターで44名の方が参加されました。ろう者、難聴者、聞こえる人、小千谷市議員、新潟市議員と多様な顔ぶれでした。
 新潟県聴覚障害者協会目黒健太理事の司会で、まず、紹介動画となぜ電話リレーサービスが必要なのか筑波技術大学准教授井上先生より分かりやすい説明がありました。
 続いて、日本財団から操作方法や参加者による実体験を行うデモンストレーションがありました。デモストレーションは手話によるやりとりと文字入力によるやりとりの2通りあるということで、みんな興味津々見つめていました。
 最後に慶應義塾大学特任教授 川森先生の講演で制度化の必要性について説明がなされました。

最初の紹介動画
最初の紹介動画
筑波技術大学准教授 井上先生の講演
筑波技術大学准教授 井上先生の講演
①病院の予約を手話で!
日本財団によるデモンストレーション
①病院の予約を手話で!
(「病院」の手話が地域独特の表現でした)
②居酒屋の予約を文字で!
②居酒屋の予約を文字で!
川森先生の講演
慶應義塾大学特任教授
川森先生の講演で締めくくり。
この後活発な質疑応答がありました。

普及啓発のための学習会(2018年度)に戻る