Supported by 日本財団コロナウイルス感染症拡大の影響により困っているきこえない人たちへ

統括本部

対策本部の目的

 新型コロナウイルス感染拡大による全国への緊急事態宣言等、経済・社会活動の停滞の影響が見通せない今、ろう者の雇用や生活、そしてろう者を支援する施設や団体の事業・運営等にも、影響や問題が今後大きく出てくることは明らかです。

 連盟ではこれらの課題に対応するため、専門家や関係団体と連携した危機管理対策本部を立ち上げました。

対策本部体制(◎責任者、〇副責任者)

 統括本部: 本部長 :石野富志三郎
       事務総括:久松三二
       本部委員:中西久美子、嶋本恭規、小中栄一、山根昭治、吉野幸代、
            中橋道紀、長谷川芳弘、小椋武夫、石橋大吾、大竹浩司、
            橋本博行(全通研)、浅井貞子(全通研)、
            小椋英子(士協会)、渡部芳博(士協会)
       事務次長:倉野直紀、小林泉
 ①医療支援チーム:◎中西久美子、〇嶋本恭規
 ②教育支援チーム:◎小中栄一、〇山根昭治
 ③生活支援チーム:◎吉野幸代、〇中橋道紀、荒井康善、内川大輔
 ④法律チーム  :◎長谷川芳弘、〇小椋武夫
 ⑤地域支援チーム:◎石橋大吾、〇大竹浩司、太田陽介、服部芳明、小出真一郎、
           唯藤節子、川本忠夫、吉田航、近藤龍治、高嶋正博

タイトルとURLをコピーしました