【2022年度手話言語の国際デーイベント】ブルーライトアップへのご協力依頼



ブルーライトアップ

 2022年の国際手話言語デーに合わせて、世界ろう連盟が「手話言語にブルーライトを当てよう」イベントを立ち上げました。
 2022年9月23日にすべての公共の場所、ランドマークや公共施設を青色でライトアップするよう呼びかけています。
※ 青色は世界ろう連盟や国連のロゴの色を示しており、平和を表しています。

 そこで全日本ろうあ連盟も「世界そして日本を青色に!~いのちの輝き 手話言語に光を~」チャレンジプロジェクトを行います。
 ご賛同いただける自治体や民間等に、全国各地の名所や施設を9月23日に青色でライトアップしてもらうことで、市民、地域、社会が一つとなって、「手話が言語である」ことへの認知を広めていきます。

2022年9月23日「手話言語の国際デー」ブルーライトアップ場所(2022/7/27現在)

<参考資料>
世界ろう連盟「手話言語をブルーライトで輝かせよう!」
全日本ろうあ連盟「チャレンジプロジェクト内容」
手話言語の国際デー、国際ろう者週間のご案内

<ロゴデータ>
2022年手話言語の国際デーロゴ
2022年国際ろう者週間ロゴ
QRコード(手話言語の国際デー紹介ページに飛びます)
※ ご使用の際は当連盟までご一報ください。

「SDGs」×「手話言語の国際デー・国際ろう者週間」特集ページへ戻る