2021年度「手話言語条例を考える行政担当者学習会」ご案内(申込受付終了)



※2022/01/26追記:「2021年度・手話言語条例を考える行政担当者学習会」開催方法変更のお知らせ

 手話言語条例を策定または検討する自治体が増えるなか、手話言語とは何か、また手話言語条例の基本的な内容や意義、施策作り等を学びます。
 今年度は、東京(メイン)会場、明石(サブ)会場、2会場分散で行います。行政職員の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

※新型コロナウイルス感染拡大状況により、中止または開催方法を変更する場合がございます。
 中止または開催方法変更の場合、詳細は当HPでお知らせいたします。

<2021年度 手話言語条例を考える行政担当者学習会>

    日 時 : 2022年2月4日(金) 13:30~16:30(予定)
    会 場 : 2会場に分けて行います。
          <メイン会場>東京都 AP品川 ルームA
                 〒108-0075 東京都港区港南1-6-31 品川東急ビル 8F
          <サブ会場> 兵庫県明石市 パピオスあかし 5階 多目的ルーム
                 〒673-0891 明石市大明石町1-6-1
    定 員 : 100名(メイン会場・サブ会場で各50名とさせていただきます。)
          ※できるだけ多くの地域の方々にご参加いただきたく、
           1自治体2名まででお願いいたします。
    参加費 : 無料
    申込締切: 2022年1月14日(金) ※申込受付を終了いたしました
          ただし、定員になり次第締め切りとさせていただきます。 

【開催要項・申込書のダウンロード】

手話言語法制定推進事業のページへ戻る