田村厚生労働大臣および河野行政改革担当大臣に新型コロナウイルス感染者のホテル療養に係わる要望書を提出



下記要望書を提出しました。

 連本第210096号
2021年5月27日

 厚生労働大臣
  田村 憲久 様

東京都新宿区山吹町130 SKビル8F
電話03-3268-8847 Fax03-3267-3445
一般財団法人全日本ろうあ連盟
理 事 長 石野 富志三郎

新型コロナウイルス感染者のホテル療養における
きこえない・きこえにくい人への配慮に係る要望について

 日頃より、私どもきこえない・きこえにくい人の福祉向上に、ご理解ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 新型コロナウイルス感染者のホテル療養に際し、きこえない・きこえにくい人へ配慮について、下記要望いたします。

1.きこえない・きこえにくい人の新型コロナウイルス感染者がホテル療養をする場合、排除されることのないよう、また療養にあたり意思疎通について配慮を行うよう、各自治体に通知してください。
(説明)
国が示している宿泊療養の対象は、以下の4つに該当しない人とあります。
 1,高齢者
 2,基礎疾患がある者(糖尿病、心疾患又は呼吸器疾患を有する者、透析加療中の者等)
 3,免疫抑制状態である者(免疫抑制剤や抗がん剤を用いている者)
 4,妊娠している者
 しかし、自治体によってはホテル宿泊療養の対象外として「文書および会話において、日本語によるコミュニケーションが困難である方」などの条件を付加している場合があります。
 これは、日本語によるコミュニケーションが難しい外国人を想定していると思われますが、ここに、きこえない・きこえにくい人も含むと解釈される場合があります。
 きこえない・きこえにくい人が排除されることのないよう、自治体に通知してください。
 また、宿泊療養施設での意思疎通手段につては、遠隔手話通訳や電話リレーサービスの活用、筆談など、活用できる方法を工夫して、各自治体の障害福祉担当者や地域の聴覚障害者協会とも連携し、合理的配慮の提供をするようにしてください。

以 上

 連本第210097号
2021年5月27日

行政改革担当大臣
 河野 太郎  様

東京都新宿区山吹町130 SKビル8F
電話03-3268-8847 Fax03-3267-3445
一般財団法人全日本ろうあ連盟
理 事 長 石野 富志三郎

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場における
きこえない・きこえにくい人の接種に係る要望について

 日頃より、私どもきこえない・きこえにくい人の福祉向上に、ご理解ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 この度、防衛省・自衛隊が運営されるコロナワクチン大規模接種センター以外に、自治体の運営による大規模接種会場が設置されるにあたり、きこえない・きこえにくい人がワクチンの接種を受ける際の情報保障等について、下記の通り要望いたします。

1.自治体が運営する大規模接種会場にて、きこえない・きこえにくい人が新型コロナウイルスワクチンを接種するにあたり、意思疎通支援者(手話言語通訳・要約筆記者)や遠隔手話通訳体制の整備等を行ってください

 都道府県・政令市が大規模接種会場の設置・運営を行うとの報道がありました。各会場において、きこえない・きこえにくい人が安心して新型コロナウイルスワクチン接種を受けられるようにするためには、医療従事者からの説明時や医師の予診時における意思疎通支援や情報保障が必要です。
 大規模接種会場では、意思疎通支援者(手話言語通訳・要約筆記)等の配置や遠隔手話通訳体制(音声や動画が切れることのないよう、十分なWi-Fi等通信環境の構築も含む)の整備等が必要です。また、意思疎通支援者を配置するにあたり、新型コロナウイルス感染を極力防ぐため、意思疎通支援者へのワクチン接種等の十分な感染予防も考慮する必要があります。
 自治体が大規模接種会場を設置・運営、また民間医療機関等の接種会場運営を委託する際に、これらの配慮を盛り込むよう、早急に周知をお願いします。
 なお、意思疎通支援者の配置や遠隔手話通訳体制が構築されたときは、それを利用してワクチン接種を受けられることをきこえない・きこえにくい人へ、私たち当事者団体と連携し、周知を行ってください。

2.大規模接種会場のワクチン接種の予約の際に、意思疎通支援者または遠隔手話通訳の希望の有無を記入できるようにしてください

 大規模接種会場の予約時にきこえない・きこえにくい人が新型コロナウイルスワクチンの接種を予約する際、意思疎通支援者や遠隔手話通訳の利用も併せて記入できるようにしてください。

3.ワクチン接種の予約に際しては、きこえない・きこえにくい人のみならず、インターネットからの予約操作に不慣れな高齢者等も配慮し、誰もがアクセスしやすい環境の整備をしてください。

 ワクチン接種の予約については、電話、インターネット、FAX、役所の窓口での予約など、さまざまな方法を準備し、誰もが予約しやすい環境の整備について、自治体へ周知を行ってください。

以 上

 連本第210100号
2021年5月27日

厚生労働大臣
 田村 憲久 様

東京都新宿区山吹町130 SKビル8F
電話03-3268-8847 Fax03-3267-3445
一般財団法人全日本ろうあ連盟
理 事 長 石野 富志三郎

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場における
きこえない・きこえにくい人の接種に係る要望について

 日頃より、私どもきこえない・きこえにくい人の福祉向上に、ご理解ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 この度、防衛省・自衛隊が運営されるコロナワクチン大規模接種センター以外に、自治体の運営による大規模接種会場が設置されるにあたり、きこえない・きこえにくい人がワクチンの接種を受ける際の情報保障等について、下記の通り要望いたします。

1.自治体が運営する大規模接種会場にて、きこえない・きこえにくい人が新型コロナウイルスワクチンを接種するにあたり、意思疎通支援者(手話言語通訳・要約筆記者)や遠隔手話通訳体制の整備等を行ってください

 都道府県・政令市が大規模接種会場の設置・運営を行うとの報道がありました。各会場において、きこえない・きこえにくい人が安心して新型コロナウイルスワクチン接種を受けられるようにするためには、医療従事者からの説明時や医師の予診時における意思疎通支援や情報保障が必要です。
 大規模接種会場では、意思疎通支援者(手話言語通訳・要約筆記)等の配置や遠隔手話通訳体制(音声や動画が切れることのないよう、十分なWi-Fi等通信環境の構築も含む)の整備等が必要です。また、意思疎通支援者を配置するにあたり、新型コロナウイルス感染を極力防ぐため、意思疎通支援者へのワクチン接種等の十分な感染予防も考慮する必要があります。
 自治体が大規模接種会場を設置・運営、また民間医療機関等の接種会場運営を委託する際に、これらの配慮を盛り込むよう、早急に周知をお願いします。
 なお、意思疎通支援者の配置や遠隔手話通訳体制が構築されたときは、それを利用してワクチン接種を受けられることをきこえない・きこえにくい人へ、私たち当事者団体と連携し、周知を行ってください。

2.大規模接種会場のワクチン接種の予約の際に、意思疎通支援者または遠隔手話通訳の希望の有無を記入できるようにしてください

 大規模接種会場の予約時にきこえない・きこえにくい人が新型コロナウイルスワクチンの接種を予約する際、意思疎通支援者や遠隔手話通訳の利用も併せて記入できるようにしてください。

3.ワクチン接種の予約に際しては、きこえない・きこえにくい人のみならず、インターネットからの予約操作に不慣れな高齢者等も配慮し、誰もがアクセスしやすい環境の整備をしてください。

 ワクチン接種の予約については、電話、インターネット、FAX、役所の窓口での予約など、さまざまな方法を準備し、誰もが予約しやすい環境の整備について、自治体へ周知を行ってください。

以 上

新型コロナウイルス危機管理対策本部ページへ