防衛大臣に大規模接種センターにおける情報保障等について要望書を提出



下記要望書を提出しました。

連本第210077号
2021年5月19日

 防衛大臣
 岸 信夫 様

東京都新宿区山吹町130 SKビル8F
電話03-3268-8847 Fax03-3267-3445
一般財団法人全日本ろうあ連盟
理 事 長 石野 富志三郎

東京大規模接種センター・大阪大規模接種センターにおける
きこえない・きこえにくい人の新型コロナウイルスワクチンの接種に係る要望について

 日頃より、私どもきこえない・きこえにくい人の福祉向上に、ご理解ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 防衛省・自衛隊が5月24日から東京及び大阪において運営される、新型コロナウイルス感染症対策のワクチン大規模接種センターにおいて、きこえない・きこえにくい人が新型コロナウイルスワクチンの接種を受けるにあたり、下記の通り要望いたします。

1.東京大規模接種センター・大阪大規模接種センターにて、きこえない・きこえにくい人が新型コロナウイルスワクチンを接種するにあたり、意思疎通支援者(手話言語通訳・要約筆記者)や遠隔手話通訳体制の整備等を行ってください

 東京や大阪の大規模接種センターで、きこえない・きこえにくい人が安心して新型コロナウイルスワクチン接種を受けられるようにするためには、医療従事者からの説明時や医師の予診時における意思疎通支援や情報保障が必要です。
 大規模接種センターでは、意思疎通支援者(手話言語通訳・要約筆記)等の配置や遠隔手話通訳体制(音声や動画が切れることのないよう、十分なWi-Fi等通信環境の構築も含む)の整備等を行ってください。また、意思疎通支援者を配置するにあたり、新型コロナウイルス感染を極力防ぐため、意思疎通支援者へのワクチン接種等の十分な感染予防を講じた上で配置してください。
 なお、意思疎通支援者の配置や遠隔手話通訳体制が構築されたときは、それを利用してワクチン接種を受けられることをきこえない・きこえにくい人へ、私たち当事者団体と連携し、周知を行ってください。

2.大規模接種センターの予約サイトで接種予約をする際、意思疎通支援者または遠隔手話通訳の希望の有無を記入できるようにしてください

 大規模接種センターの予約サイトできこえない・きこえにくい人が新型コロナウイルスワクチンの接種を予約する際、意思疎通支援者や遠隔手話通訳の利用も併せて記入できるようにしてください。

以 上

新型コロナウイルス危機管理対策本部ページへ