欧州議会議長選で、ヘルガ・スティーブンス議員が大健闘!



 ベルギーのろう女性である欧州議員ヘルガ・スティーブンス氏が、2017年1月17日に行われた欧州議会議長選に立候補し、最終投票直前まで得票数で3位をキープする等の大健闘を見せました。

 ヘルガ議員は、これまでに数度来日したことがあり、文部科学省・厚生労働省の副大臣と面会する等、我が国の手話言語法制定運動に多大なご協力をいただいております。
http://www.jfd.or.jp/2014/03/13/pid11823

 また、2016年9月ベルギーでの欧州議会手話言語フォーラムでも、主催者であるヘルガ議員より、日本視察団のために言語通訳上の配慮をいただきました。
http://www.jfd.or.jp/2016/09/29/pid15567

 1月17日の議長選で、ヘルガ議員は初回の投票で683票中77票の支持を集めた後、3回目の投票まで得票数3位をキープしました。上位2名による最終投票には残念ながら残ることができませんでしたが、投票直前の演説で「多様性の中の連帯」を呼びかけるなど、精力的に活躍し、多くの支持がヘルガ議員に集まりました。今回の欧州議長には、欧州人民党(EPP)のアントニオ・タヤーニ氏(イタリア)が当選しました。

投票直前の演説動画
http://audiovisual.europarl.europa.eu/Assetdetail.aspx?id=cebf74a1-f30b-4355-a88d-a6fe0090aa9d

ニュースソース:
http://www.europarl.europa.eu/news/en/news-room/20170113IPR58026/antonio-tajani-elected-new-president-of-the-european-parliament